女の子がどうしてオーガズムを感じないのか教えてあげよう!

人間の身体は様々な神秘に包まれ、そして謎に包まれています。

例えば皆さんの口から出てくる唾液、あれは一体どこから出てくるかご存じでしょうか。
酸っぱいものを想像していただくとおわかりいただけるかと思いますが、なんとなくあごの付け根からじわじわと出てくることがわかります。

神秘と謎に包まれた出来事とは

唾液が出てくるときに、口の中を鏡で見ても一体どこから唾液が出てくるのかさっぱりわかりません。
「なんだか知らない間に出てくる」というような扱いになってしまうのかも知れませんが、ちゃんと唾液が出てくる期間が私たちの口の中には用意されているから出てくるのです。

私たちの身体のなかは目に見えないけれど、様々なことが起きている。
神秘と謎に包まれているのはこうしたところから言われるのかも知れません。

繊細な部分に触るために丁寧な行動を心がける

目に見えないところのことほど、私たちはついついないがしろに扱いがちです。
これくらいならば大丈夫だろうとばかりに、たくさん食べてみたり飲んでみたりして次の日に苦しむというのは良くある話です。

食べ過ぎくらいですむのならばまだしも、女性の身体のように繊細な部分に触れるときにはよくよく注意を払わなければなりません。

オーガズムはカンタンに感じる事ではない

女性が自分の身体に触れるときには「ここは触りすぎるとまずいから」という理由で、ちゃんと加減をすることができます。
ところがエッチをするときに男性が女性の身体を触ろうとすると、何も考えずに繊細な部分を乱暴に扱うと言うことが良くあります。
「彼とのエッチでオーガズムを得ることができない」という女性がいらっしゃるのは、男性があまり女性の身体の繊細さについて注意を払っていないからなのかも知れません。

子宮や膣など、女性の身体は外から簡単には見えないけれど命を宿すために作られた器官がたくさんあります。

エッチの時にはこうした部分へ盛んにアタックしていくこととなりますが、触りすぎるとオーガズムが得られないばかりか傷つけてしまう原因となります。

あたかも高価な芸術品を触るがごとく、優しく丁寧に扱わなければならないのです。